フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針

 神奈川銀行(頭取 三村 智之)は、「地域の皆さまから信頼され、支持され、地域とともに発展する銀行」を理念としています。その理念に基づき中期経営計画においても、「お客さま志向への意識改革の徹底」を戦略のキーワードに、「お客さま志向の資産運用提案(フィデューシャリー・デューティーへの対応)」を重点項目として、お客さまの最善の利益を確保することに取り組むことを定めています。
 今般、当行の役職員一同が共有し、遵守する基本方針として、「フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」を定めました。
 本方針に基づきお客さまの最善の利益につながる良質な金融サービスを提供してまいります。
※フィデューシャリー・デューティーとは、他者からの信認に応えるべく一定の任務を遂行する者が負うべき幅広い様々な役割・責任のことをいいます。

○管理方針
1.ガバナンス

 「フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」に基づき、具体的なアクションプランを策定し実践します。あわせてお客さまアンケートを実施することで、当行の取組状況について検証します。検証結果をもとに改善点についての議論を行い、お客さまの最善の利益を図るための態勢の向上に努めてまいります。また、結果について定期的に公表します。
2.業績評価
 お客さま本位の業務運営に向けた体制維持向上のため、業績評価体系を随時見直します。
3.報酬等の合理性
 お客さまに提供する商品・サービスの内容に合致した合理的な水準での手数料を設定し、手数料の明確化に努めます。
4.利益相反管理
 お客さまとの利益相反の可能性について検証・把握し、適切に管理します。
5.お客さま志向の企業文化の定着
 全役職員が「フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」に則り、人財の育成やその他適切な動機づけにより、お客さまの最善の利益の追求が企業文化として定着するよう努めます。

○販売方針
1.お客さま志向の金融商品の充実

 多様化するお客さまのニーズにきめ細やかな対応ができるように、幅広く質の高い金融商品のラインアップの整備に努めます。
 (アクションプラン)
 ・幅広く良質な金融商品を取りそろえるために、商品選定時には、資産形成・資産運用に資する商品であることや内在するリスクについて十分検討します。
2.お客さま志向の金融商品の提案
 お客さまの金融知識、投資経験、資産状況や投資目的に適合する金融商品を、提案する態勢を整備します。
 金融商品の説明に当たっては、お客さまが適切な投資判断をしていただけるように、金融商品のリスク特性や手数料等の重要な情報について、お客さまの金融知識や投資経験にあったわかりやすい説明を行い、お客さまと当行がお客さまの投資目的についての共通認識を形成します。
 (アクションプラン)
 ・行員の商品知識を深めお客さまに正確な情報提供を行うために、セールス研修等を適宜実施し、行員の説明能力の底上げを行います。
 ・お客さまにふさわしい金融サービスを選択していただけるように、お客さまとのヒアリングおよび説明を通じて、深く理解していただいた上で、複数の商品を提案するように努めます。
 ・お客さまにもご理解を深めていただくため、お客さま向けセミナーを実施します。
3.お客さま志向のアフターフォローの実施
 ご購入後もアフターフォローを実施し、お客さまの保有する金融商品の状況や相場動向について情報提供を行います。
 (アクションプラン)
 ・定期的なアフターフォローに加え、投資環境の変化時などにもアフターフォローを実施することで、お客さまが適切な投資判断が行えるような情報提供を行います。

ホーム>フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針